炭水化物で太るって… そもそも炭水化物って何?…それは糖質。糖質は脂肪の原料。

更新日:


外食で食べられる料理の大半が炭水化物。そもそも炭水化物とは何ですか?
 
痩せたい人には絶対避けて通れない「炭水化物」との付き合い方ですが、パンとかごはんや麺類は炭水化物で、外食の代表格はほぼ炭水化物!コンビニに置いているものもほとんど炭水化物!そしていちばん太るのも炭水化物だぁぁぁぁ!
 
 

炭水化物は糖質であり、脂肪の主原料にもなる…

で…、そもそも、「たんすいかぶつ」って何ですかそれ?という所からスタートです。
 
簡単に言うと、
炭水化物 = 糖質・糖分 = エネルギー源のこと
 
体は糖をエネルギーに変えて活動をし、糖がなければ筋肉を崩してエネルギーを作る。エネルギーがないと脳は全力を出せない。

しかし、糖は少しでも余ると、飢餓時の緊急用備蓄である「脂肪」として格納されていく。生きていくには太るって大事なことなのね。でも、大切な備蓄だよって言われても脂肪はいらないのよね。

万能の栄養源である炭水化物(糖質)も適量にしておかないと、食べ過ぎにより激しく太ったり、インスリン分泌がおかしくなって糖尿病になるということです。

 
 

ダイエット(食事制限)に一番効果があるのは炭水化物(糖質)制限


だって、それが脂肪の唯一の原料なんですから。

炭水化物(糖質)を断てば脂肪は作り出せなくなりますから、まず太りようがなくなります。
また、糖質不足に陥るわけですから、体内に残っている脂肪を崩して糖質を作り出して使います。
これが痩せるための一番の近道のようです。
 
いわゆる、肉(たんぱく質)中心の食事ですよ。これぞまさに食事制限(Diet)ですね!
 

炭水化物(たんすいかぶつ):
古くは含水炭素とも呼ばれたが、現在は糖質とも呼ばれることも多い。人間の主要なエネルギー源となる栄養素で、主に植物の光合成によってつくられ、動物は食物として摂取する。体内に取り込まれると炭酸ガスと水に分解され、その過程でエネルギーを生み出します。炭水化物が不足すると発する症状は以下の通り。

・基礎体力が低下
・疲れやすくなる
・肝臓の解毒作用の低下
・肌荒れなどの症状
・脳の働きにも支障が生じる。

怖い事が書いてありますが、炭水化物は不足することが無いよう、体内に大量に備蓄されています。それがいわゆる「脂肪」です。
脂肪があるうちは、上記のような理由で死亡することはありませんのでご安心を!
 
脂肪が無い状態で炭水化物の枯渇が続くと、体内のたんぱく質(筋肉)が分解されエネルギー源として使われます。
よって、超絶痩せすぎの方だけは筋肉量がどんどん減っていくわけです。

…そんな心配するぐらい痩せてみたいところですが、現実は”太る”、”太らない”の悩みばかりですから、”筋肉がなくなる心配”は、痩せすぎて脂肪がゼロになってしまった時に考えましょう。

 
 

食品買う時は、カロリーばっかり見ないで炭水化物を確認してみる

市販されている食品は、パッケージに製品の栄養成分が表示されています。
・炭水化物 〇mg
・糖質 〇mg
・食物繊維 〇mg
と記載がありますよね。

■ 食品表示上の炭水化物とは
炭水化物 =「糖質 + 食物繊維」
この合計値で表されています。

食品表示上の話です

 
 

炭水化物(糖質)はどんな食べ物に多く含まれるの?


糖質は砂糖をはじめとした「甘いもの」としてイメージが湧きやすいのですが、呼び名が「炭水化物」と書かれると、あまり意識していない方も多いかもしれません。ご飯、粉物…主に小麦から作られる、パン類、麺類など。芋類に含まれるデンプンも糖質の仲間に分類されます。
 
コンビニに行くとパスタにラーメン、おにぎりに肉まん、菓子類コーナー充実、菓子パン大量陳列と…、炭水化物中心の商品ばかりが並んでいます。
それもそのはず、人間は本能的に最も効率よくエネルギーを得られる炭水化物を欲しがる傾向がありますので、コンビニ側としては「売れる」商品=炭水化物なのです。

 
 

炭水化物(糖質)というやつは、脂質や肉類のたんぱく質と比べて、素早くエネルギー変換できるという特長があります。糖質は血中にブドウ糖として脳にエネルギーを供給して、脳へのエネルギー供給が切れるわけにはいけませんから、軽い非常用にと肝臓や筋肉にグリコーゲンとしてすぐ使える形で最低限必要な量だけ貯蔵されます。それでも余ってしまったら、長期的な貯蔵の形「脂肪」となって蓄積します。
 
炭水化物(糖質)は、それだけ効率がいいエネルギー源ですから、体が欲しがるのは当然です。
砂糖の入ったものが無性に食べたくなったり、食べ始めると止まらなくなったり、夜中に無性にラーメンが食べたくなったりするのも、自然な本能的な欲求なのかもしれません。
 
そんな痩せたい人を誘惑し、太る路線へ引きずり込む炭水化物たちですが、一応念のため科学的には、人間には一日170gの糖を摂取するのが望ましいと言われているそうです。理想は120~130gは脳で消費、残る30gは酸素を運ぶ「赤血球」のエネルギー源として消費。
生命を維持するために欠かせない栄養素のようです。
 
でも、大丈夫です!ここを最後まで読んでしまった貴方なら、きっとそんな量を振り切って食べているはずだから。糖分が体内で足りなくなっても脂肪を切り崩して作り出せるだけため込んでいるはずだから!
 
えぇそうですよ。私もその一人です…。




- 1-1.太る原因・痩せる仕組み

Copyright© 音痴の奏でる雑記帳 , 2020 All Rights Reserved.