人はなぜ太る?脂肪はなぜ付く?人より努力してるはずなのに太ってしまう理屈がわからない方へ

更新日:


人はなぜ太るのでしょうか。そりゃ食べるからというのはわかるけど
ろくに運動もしていないあの人は細く、毎日ごはんをしっかり食べているあの人も細い。

一方、私は努力してる!!という方
 
努力の一例:
 ・朝は忙しくても果物と野菜をジューサーにかけてヘルシーに飲む。
 ・ジムで汗を流し、吸収の良いスポーツドリンクを飲んで健康管理。
 ・食事はちょっと甘い置き換え食が飲みやすいから毎日続けてます。
 ・食品はちゃんとカロリー表示を見て買うか買わないか決めてて、
 ・夜は脂っこいものを避けてごはんと味噌汁、たまにお蕎麦で我慢!

あぁ、それ全部無駄な努力です…。
という、ちょっと強引で都合良く無理がありすぎな前振りを書きつつ。
 
 

人の体に付く脂肪は全部「糖」から作られる

人間の体に脂肪として蓄えられるのは、「糖質」「炭水化物」です。
  ※炭水化物は(糖質+食物繊維)です。
脂肪は食べてもうんこになるだけです。むしろ、脂肪を取ると細胞壁の良質な構成要素になります。
肉などのタンパク質は、筋肉を作り出しますが脂肪は作りません

痩せるための「糖質制限食」は肉食中心で…逆に脂肪の食べ過ぎで太るんじゃないの?「脂質」を食べても脂肪は増えない!

前に書きかけで放っておいた記事なんですが、一番上に来ちゃってどうにも消えないので、そのまま更新しちゃいます。一つ前のナッツの記事で脂肪がどうこう書いて、なんか話の流れ的におかしな感じに…また脂肪の記事 ...

続きを見る


 
太る元凶となる「糖質」は摂取すると、胃で消化され小腸へ。小腸から吸収されて
血液中に入ります。それが血糖。
体を巡りますが、脳や体内のエネルギーとして使う糖として使われるのはわずか4gだけです。
残りは30分もすれば脂肪に変換されて、生命維持の危機に備えて体に蓄えられます。
 
 
清涼飲料水 500mlに一体どれくらい糖分入っているかご存じですか?
炭水化物:40g
 
売れなくなるんだから、「糖分:44g」なんて書いてませんからね。
これを飲んで…1~2gは体内の糖分補給に使われるでしょう。
残りは全部、脂肪として貴方の生命危機に備えて保管されるのです。
食べ物が食べれなくても大丈夫!脂肪を糖に変えて生き延びられます。
 

[頑張る仕事の日々]
 
おはよう!朝の目覚めは缶コーヒー!(糖分:13g)
パンをかじりながら走れば誰かとぶつかれるかも!
(それ100%糖質)
 ↓
頑張ってお昼休憩
ごはんはラーメンとライス(それも全部糖質)
リラックスタイムに缶コーヒー!(糖分:13g)
 ↓
仕事終わった!帰って食事だ。
電車待ってる間に、空腹を紛らわせるために缶コーヒー(糖分:13g)
夕食は牛丼かなぁ(ほとんど糖質)

なんと、素晴らしいことに
脂肪の原材料「糖質」しか食べてない毎日です。

缶コーヒーは3本で約40gの脂肪を生成します。
10日で400g、1ヶ月で1200gです。
コーヒーだけで月に1kg太ってますよ、これ大変!

 
でも、こんな生活してる人は身近に多いんじゃないですか?
 
こんな生活では…
 
 ・運動したって無駄です。スポーツドリンクなんて飲んだら全部無駄。
 ・たかが1食抜いたって無駄です。置き換えダイエット食の炭水化物は何g?
 ・缶コーヒーのカロリー表示?熱量なんて糖質とイコールではありませんよ。
 ・ごはんもお蕎麦も糖質です。つまり脂肪の原料です。逆効果!

 
どうでしょうか?
これで、痩せるためには何をすべきかお解りではないでしょうか?
 
食生活を変えずにという条件下で少しでも太らないよう対策するなら
脂肪の原料となる「糖」を体に吸収しにくくするのがベストです。
今のところ難消化性デキストリン摂取やカロリミットなどが最良の策だと思います。

【食べる前に飲む】糖質の吸収減らせば太りにくい。痩せればモテると解ってる がんばり屋さんなアナタ に必要なのは…「カロリミットを毎日飲み続ける」根性だけだったよ。

睡眠3時間前には食事はしない、甘いものだって我慢してるし、間食だって少ない 運動だって週に2回ぐらいはジムに行くし、寝る前はストレッチもしてる 痩せて可愛くなって、周りを驚かせたい!     このまま ...

続きを見る




-1.■糖質制限で痩せる,  1-1.糖質こそが太る原因,  1-3.消化吸収目線からの糖質

Copyright© 楽して痩せたい「甘党健康生活」 , 2018 All Rights Reserved.