ナッツでダイエット!! 誤解してた!君は凄いやつだ。肌を奇麗に保ちたい人と痩せたい人のためのナッツ類の食べ方

投稿日:


ナッツはカロリーが高く、脂肪も多いため、太る食品だと認識していました。
最近、色々知識を付けていくにつれて

●脂肪分は食べても脂肪になるわけではない
 ※一部細胞壁の材料に使われ基本排出

●カロリーが高い=太るではない
 摂取したカロリー以上に消費すれば痩せるが
 高カロリー食が必ず太る食事というわけでもない

●糖質が中性脂肪に変わる、脂肪の材料

●脂肪分ではにきびはできない。糖質が原因
 → チョコレート食べ過ぎるとニキビや吹き出物ができる?

ということは…
ナッツはもしかして食べても平気なのではないか?
 
 
ブログサイトの他のブロガーさんの記事読んでると、お腹すいたらナッツを食べるという内容が多かったもんで、調べてみました。
 
これ…美味しいし、安いし、お腹膨れるし…
太らなかったら最高の食品じゃないですか!!
 
 

ナッツにはどれほどのカロリーがあるのか

カロリーが高いのはもはや常識。そもそも脂肪が増えるは糖質が原因なので、カロリーが高いものを食べても「太るとは限らない」けど、やっぱり「痩せるため」には一日の消費カロリー以下で抑えたいところ。
 

【まずは小手調べ】
10gあたりのナッツカロリー
 
マカダミアナッツ:71Kcal
ヘーゼルナッツ:68Kcal
くるみ:65Kcal
カシューナッツ:57Kcal
ピスタチオ:60Kcal
アーモンド:60Kcal
ピーナッツ:52Kcal

(参考)おこめ:17Kcal

あぁもうアカン…。一袋全部食べてしまったら、絶対痩せれんやつだ。

ムリ美
そんなに食うつもりなのかよ

痩せないのはわかったから、あとは、食べ過ぎても太らないかを調査です!

ムリ美
おやつに700Kcalとか食えば太るに決まってるだろ

 
 

効果はある!ナッツのダイエット補助効果・
美容効果にも注目


カロリー高いからダイエットに不向きと考えるのはまだ早いです。
ナッツはダイエットに向いている食品のようです。

ナッツの脂肪は不飽和脂肪酸(オレイン酸・αリノレン酸)という良質な脂肪酸で構成されていること、食物繊維がたくさんあることと、オメガ脂肪酸などを含むこと。
上記により、ナッツを食べることでダイエット(補助)効果も期待できます!

・ビタミンB1やB2で脂肪燃焼の促進
・脂肪を付きにくくする効果
・αリノレン酸が血行を良くして冷え性を防ぐ
・活性酸素を除去し肌つやを良くする
・総じてアンチエイジング効果
・オレイン酸と食物繊維で便通をよくする
・食物繊維で腹もちもいい

他にも、ナッツの種類によっては、若返りのビタミン「ビタミンE」効果や、ポリフェノールが含まれているものもあります。ミネラルなども多く含み代謝を促進するため、美容面でも効果は高いと言えます。
 
また、ナッツ類は糖質も少なめです。お米に含まれる糖質は100gで約40gほどですが、ナッツ類はその半分以下の糖質しか含みません。糖質も少なめで血糖値をあげにくいため、眠くなることもなさそうです。

 
 

青魚でおなじみ!ナッツの栄養素で注目すべきはオメガ脂肪酸!


オメガ脂肪酸は、人体内では作れない…しかし必須とされる脂肪酸です。
青魚や緑黄色野菜から摂取できるものですが、ナッツにも含まれています。

主に、悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

 
 

ダイエット中に、どれぐらいの量ならナッツは食べてもいい?


ダイエット補助(おやつ)として食べるなら、アーモンドなら25粒程度
くるみなら7~8粒(サイズが大きいので)
カシューナッツなら10粒程度がおすすめです。

グラム数で言うと、25g程度がおすすめ規定量です。
150Kcal程度の摂取ならば、カロリー量も大したことはないかと思います。
空腹時の食事前に口に入れておけば、ドカ食い防止に最高です。
 
 

アーモンド

抗酸化効果の高いビタミンEが豊富。話題になりましたよね。ビタミンB2やオレイン酸など、代謝アップが期待できるます。カリウムや鉄分、ポリフェノールなども含みます。
また、コストも安く手に入りやすいため、ダイエットには最もおすすめです。

くるみ

糖質が少ないのでおすすめです。一粒が大きいので、一日に食べる量は8粒程度で抑えましょう。

カシューナッツ

鉄分やミネラルが多め。糖質は少し多めのナッツです。

ピーナッツ

糖質が高く、更に糖分を加えられて加工されていることも多いナッツですので選定には注意が必要です。

 
それなら、ナッツは間食にも最適ですね!
という所ですが…
 
おやつのようにポンポンと口に運んで、自制できず…つい食べ過ぎてしまう方は要注意。
 
 

ナッツ食べ過ぎのリスクも知っておこう!

あの美味しさは塩分で味付けされているからです。塩分摂り過ぎにメリットなんてありません。
特に「おつまみ」として売られているナッツは味付けが濃いので危険です。
無塩のナッツが手に入ればそれが一番いいですよね。

●むくみの原因になる

●高血圧になりやすい

●塩分過多はストレスの原因に

●もちろん糖質を含むため規定量以上は太る

●高カロリーなので当然カロリーオーバー

韓国ではナッツの食べ過ぎでイライラして飛行機を引き返させた姫がいるとかいないとか(嘘)
塩分の多いものは避けましょう。

食べる量を完全にセーブできる方なら、絶対に食べた方がいいダイエット補助食品です!
一定量だけ食べる事を我慢できそうもなければ、100均ショップで売られている25~35g入りの少量のものを買うのがおすすめです。

一定量以上、手元に無ければ…食べ過ぎようがありませんからね!




-1.■糖質控えめで痩せる,  1-2.間違えすぎな減量の常識,  1-3.消化吸収目線からの糖質,  1-4.糖質制限にお薦めな食品

Copyright© 楽して痩せたい「甘党減量生活」 , 2018 All Rights Reserved.