暑い夏だからこそ「むくみ」と「こり」の対策を万全に。むくみは放置すると肥満の原因!

更新日:


知人がマッサージがいかに良かったかを自慢するので、おいおい、マッサージなんて効果ないだろうと思って調べてたら、意外やマッサージ効果は悪くないみたいで。むくみを解消するには最高。いや待て、むくみって何だ?…という所から調べてきました。
 
 

むくみって何なんだ?

マッサージでむくみ解消、すっきり!って… むくみって何?
おなじみ、wikipedia様で検索

顔や手足などの末端が体内の水分により痛みを伴わない形で腫れる症候

むくみは、細胞と細胞の間にある水分が、異常に増加した状態というのを指すようです。
むくみでも体重は増加します。多いと10Kg近くの変動があるとも言われていますが、むくみとは水分が増加しているだけなので、脂肪が増加した肥満とは異なります。また、寝る前にアルコール類を飲み過ぎると、血液中のアルコール濃度が高くなり、血管が広がってしまい、静脈やリンパによる水分の処理がうまくいかず、むくみやすくなるとも言われてます。
 
基本は血行が悪くなり、重力の影響もあって体内の水分が下半身に集中してしまう事が原因です。むくみがちな方は、水分を控えめにする傾向がありますが、体は水分不足を感知するとよりため込もうとして、結果むくみが拡大していきます。
もちろん、顔にもむくみの症状が現れます。これは顔の皮膚組織に水分がたまって引き起こされます。
 
そして、むくみを放置すれば、代謝機能が悪化し、汗や尿として排出されるべき老廃物が体内に蓄積され、むくみの慢性化を引き起こします。これが水太りという状態です。太ってないけど、太りやすくなります。
 
 

冷たい食べ物がむくみを引き起こす

暑い夏は冷たいものを食べたい季節ですが、この夏の冷たい食べ物「アイス」「清涼飲料」「かき氷」はいずれも糖質が非常に多い食べものです。太ります。太るだけでなく、糖分の過剰摂取は血行を悪くする働きがあります。結果、むくみを引き起こしてしまうのです。
 
むくみは太ったわけじゃないし…と、安心するなかれ。むくみを放置していると、水太りという症状に進み、それにより皮下脂肪「セルライト」と呼ばれる皮下脂肪が付きやすくなります。皮下脂肪は痩せにくく、ため込んでしまうと後で苦労します
結局的には…夏こそ、糖質制限が、肥満も皮下脂肪もむくみも全部抑えるのに効果的なのです!
 
 

動きたくない夏は運動不足

夏のくそ暑い中、運動なんてしたら汗かいて不快なものです。よって、多くの方が運動不足になってしまうのですが、これも汗をかかないようにすればするほど、体内の老廃物も排出されずたまっていく一方となります。これもまたむくみの原因。
 
そして、動かず、同じ姿勢で座ってたりすると、悪化します。ふくらはぎの筋肉が血液やリンパを流すポンプの役割をします。運動が難しい方は、ふくらはぎの筋肉を意識して動かすようにすれば、むくみを防止&解消できます。
 
また、歩く時も前重心になっている方は、一部の筋肉に負荷が集まり、固くなった筋肉がリンパの流れを悪くしてしまいます。背筋を伸ばして正しい姿勢・正しい歩き方を意識して、かかとの真ん中に重心を置いて歩くことで、より一層むくみにくくなります。
 
 

エアコンで血行を悪くしてしまうパターン

暑い夏は冷房の中から出たくないものです。我が家も連日エアコンつけっぱなしです。
しかし、体を冷やして寝てしまったりすると、翌朝体がむくんで体が重く、だるさを感じてしまいます。
冷えればむくみが増す。暑くてもほどほどにです。
 
 

むくみの解消方法はこちら

むくみの解消はマッサージや風呂などで体を温める行為の他、同じ姿勢を避ける、冷水温水などで顔を洗い血行改善、運動、ビタミン、ミネラルなどの摂取が効果的です。
また、はと麦茶や黒豆茶、どくだみ茶、ルイボスティーなどのカリウムを豊富に含むお茶が効果的です。後述しますが体を冷やすと血行が悪くなりますから、できればホットで飲みたいところです。
 
血液を上半身に戻す働きをする「ふくらはぎ」の筋肉トレーニングが効果的です。この部位の運動を行うことで、血流の働きを正常に戻せます。また、骨盤周りの筋肉トレーニングも効果的です。
 
定番ですが、風呂で体をあたためるのも効果的!夏だからとシャワーで済ませずに湯舟にも使って冷えを解消しましょう。
 
 
また、「むくみ」や「こり」の解消に真っ先に思い浮かぶのは「マッサージ」。マッサージは医療行為です。
資格を持たない方の施術を商用で行う場合、「ほぐし」「もみほぐし」などの看板を出してで営業しています。
無資格の方が行う、強い力でのマッサージは筋肉を傷め、修復して強くなった筋肉が再び「こり」をほぐす際には、より強い刺激を必要とするようになります。信頼できるお店を選ぶのも大事ですね。

 
 




-1.■糖質制限で痩せる, 6. ■健康関連(糖質以外)

Copyright© 楽して痩せたい「甘党健康生活」 , 2018 All Rights Reserved.