それは微生物?ふるさと青汁の原料「明日葉」に含まれる成分「LPS」って何だろうとあれこれ調べた話?

更新日:


そうだ、困ったときはWikipediaで調べるのだ!
 
 

LPSとは「リポ多糖」のこと 一体どんな成分?

リポ多糖(リポたとう、英: Lipopolysaccharide, LPS)は、グラム陰性菌細胞壁外膜の構成成分であり、脂質及び多糖から構成される物質(糖脂質)である。LPSは内毒素(エンドトキシン、英: Endotoxin)であり、ヒトや動物など他の生物の細胞に作用すると、多彩な生物活性を発現する。LPSの生理作用発現は、宿主細胞の細胞膜表面に存在するToll様受容体 (Toll-like Receptor、TLR) 4 (TLR4) を介して行われる。

構造・性質[編集]
グラム陰性菌の細胞壁。リポ多糖は全体を覆う外膜(脂質二重膜)の、細胞外側の脂質部分(左図の上の方)に存在する
LPSはリピドAと呼ば…

 

 
わかるかーーーー!
 
というわけで

人間の免疫力は、加齢とともに低下します。
LPSは免疫ビタミンと呼ばれ、免疫細胞を活性化する能力を持ちます。免疫力は風邪やインフルエンザの予防はもちろん、肌荒れ改善、便秘や下痢、体調に大きく関わります。(これ常識)
 
 
年齢とともにこれらの悩みが増えるのは、
        免疫力が衰えているからです。
 
もともとは土や野菜の中にある微生物成分の1つですが、摂取することにより「体の中の免疫細胞を活性化」させてくれます。また、空気中にも微量に存在し免疫細胞に働きかけてくれるというものです。
 
 
【効果】
LPSは結局、何に効果があるの?どういう人におすすめ?

■ 糖尿病、アルツハイマー、うつ病、各種感染症、がん等の予防
■ 花粉症の症状抑制
■ やけどの症状改善
■ アトピー皮膚炎、傷、胃潰瘍の回復
■ 神経痛の緩和、
 に対し効果があるといわれてます。
 
 
【LPSを多く含む食品】
何を食べればLPSを摂取できるのでしょうか?

  めかぶ:42.8μg/g
  明日葉:13.8μg/g
  レンコン:5μg/g
  ほうれん草:1.3μg/g
    マイケア社HPより勝手に拝借

やっぱり土の微生物なだけあって、根っこ系の食べ物に多いのかもしれません。
成人なら毎日、4~500μg/gの摂取が理想です。
 
 
明日葉ならここで買えます↓





-8.■試した健康食品レビュー

Copyright© 楽して痩せたい「甘党減量生活」 , 2018 All Rights Reserved.