頭に血が上る…バナネイラ「逆立ち」は健康にも効果絶大!なんと長生きの秘訣でもあった

更新日:


すみません、糖質制限ともダイエットとも激しく関係ないのですが健康ネタです。
ちなみに、逆立ちしながら蹴ったりする格闘技「カポエイラ」では逆立ちをバナネイラと呼ぶらしいです。いっつも逆立ちしてるってことは、カポエリストの方達は長生きしているってことなのかなぁ。
 
 

逆立ちはなんと…アンチエイジングにも良い

「毎日逆立ちしていると長生きする」と言われても、そんなバカなと思ってしまいますが、聞けば納得、確かにそうかもしれないと思いました。
 
逆立ちは、できない方も多いでしょうから、壁を使ってうまく逆立ち状態を作れればOKです。壁を使っても、腕で自分の体重を支えられず、肘のあたりからぷるぷるして辛くなります。方にしっかり体重を乗せ、肘をしっかり伸ばすことができればなんとかできるようになってきます。

そして一番の問題が、だんだんと頭に血が上り、顔も真っ赤に。これはやばい…と感じる状態です。長時間やるとよくない事が起こるのだろうと思っていましたが、そうでもなさそうです。

足は普段、血が溜まってしまうことがありません。これは「ミルキングアクション」というもので、筋肉がポンプの役割を果たし、静脈にある血液を心臓に戻しているからです。つまり、腕や首の筋肉に血液を心臓に戻す力が無いから、逆立ちの状態で頭に血が上って辛い状態になってくるのです。

逆立ちを毎日続けてやっていると、体が慣れ、頭に血が上る感覚がなくなり、腕で体を支えられるようになってきます。このれこそが、上半身が下半身のように血液を心臓に戻す力をつけてきた状態です。肩こりが楽になったり、二の腕がすっきりする効果、内臓が引きあがったり、顔のむくみが取れたりという事が起こります。筋力がつけば肩も強化され、上半身にいい筋肉もつきます。
 
誰でもできるトレーニングではありませんが、逆立ちは練習する価値はありそうですよ。
 
 
 




-6. ■健康関連(糖質以外)

Copyright© 楽して痩せたい「甘党減量生活」 , 2018 All Rights Reserved.