1-3.ダイエット目線からの糖質 1. 糖質控え目のススメ

糖質制限しても筋肉は減らない?減っていく?

投稿日:


糖質制限は筋肉が減って危険と謳う雑誌の記事をよく見かけます。これは正しいのでしょうか?
 
 

■■ 糖質制限をすると筋肉が減っていく

だいたい理屈的には、糖質制限をすると血液内のブドウ糖の不足から、筋肉のを分解してアミノ酸を作り始める。…ということが書いてあります。
これは正しいです。

ですが、大事なことが一つ抜けていて、ブドウ糖の不足時には、その時のためにせっせと貯めていた「脂肪」を使うのが先です。

中性脂肪はエネルギーに変換すると、もともとの糖質より多くのエネルギーを出せるよう変換された保存食なのです。エネルギー不足に陥った時に体の組織を破壊してエネルギーを作るというなら、なんのために脂肪は溜め込まれているのでしょうか。

保存食があるのに、わざわざ筋肉を解体することは基本あり得ません。

もちろん、体脂肪が少ない方がやるにはリスクが大きいです。アスリートの方々の減量には全く不向きです。…しかし、糖質制限ダイエットをしようと思い立った方が、脂肪がほとんどない…ということは無いはずですから、そんな心配は無用なのです。

雑誌などの「糖質制限は危ない」という記事は、飲料や食品のスポンサー目線で書くことも多いですから、ほどほどに参考としましょう。
 
 

■■ 糖質制限食は人間の本来の姿

人間の本来の食生活は狩猟なので、その体質は肉食生活に合わせて作られています。もちろん、肉魚と野菜だけでなく、たまに芋、栗、ドングリなど、炭水化物の摂取もあったでしょうが、主食ではありませんでした。
 
脂質56%、タンパク質32%、糖質12%
この本来の割合に近付けることができれば、体の機能も負担も正常になるというのが糖質制限の考え方で、逆の言い方をすると、古代の人類は皆、揃って糖質制限食でした。
 
人類の700万の歴史において、農耕生活は1万年程度ですし、精製した米や砂糖などを大量に摂取してきた期間なんて200年程度とわずかです。どれだけ糖質生活が人間にとって特異なものかは想像がつくと思います。
 
穀物を食べると、血糖値は上昇しインスリンが大量に追加分泌されます。すい臓内のβ細胞が古代の人類と比べて、毎日10倍以上も働き続けねばならない状態が正常と言えるでしょうか。
たかが200年程度で体質は変わらないのです。

ダイエットをしたい人(中性脂肪でお悩みの人)は、糖質制限では筋肉は減りません。
が、糖質制限で痩せるからと、動かない生活も体にいいものでは無いでしょう。
 
なにごとも極端でなくほどほどに…。




-1-3.ダイエット目線からの糖質, 1. 糖質控え目のススメ

Copyright© 甘党健康生活 , 2018 All Rights Reserved.