シワやシミも…そもそも老いるとは?老化と酸化と糖化とAGEのことについて。やっぱり糖質が原因

更新日:


 
 

糖化と酸化は老化現象のこと

ブドウ糖と酸素は人間が生命を維持する上で絶対に必要な物です。
 
ブドウ糖と酸素が結びつくと、水と二酸化炭素、そして活動エネルギーを生み出します。
この過程で、
ブドウ糖が原因の「糖化」:体が焦げる症状
酸素が原因の「酸化」:体が錆びる症状
が起こっています。
糖化と酸化が体を老化させているため、人は生きているだけで老化していくことになります。
 
 

糖化はAGEを生み出す

AGE:Advanced Glycation End Products 終末糖化産物
タンパク質や脂質が、熱によってブドウ糖と結合すると「糖化」が起こります。その際に、AGEと呼ばれる終末糖化産物が生み出されます。これが老化の原因となります。
ホットケーキを焼くと、きつね色になりますが、これこそがタンパク質と糖質が熱で結合した結果である、メイラード反応(糖化)というものです。そもそも人間の体にはタンパク質と脂質がたっぷりとあります。もしそこに大量にブドウ糖が余っていればこの反応が起こりやすい…つまり老けやすい状態になると言うことです。
 
逆を言えば、ブドウ糖が不足気味の生活なら、老けにくくなると言うことですね。
常時エネルギー不足の状態を作り出す、ファスティングダイエットが老化防止になるというのはここが大きいのかもしれません。

また、AGEは体内で生成されるだけではなく、熱処理して糖化した食べ物にも含まれています。約7%は体内に取り込まれてしまうと言われています。食べ物にも気を遣っていかないと、ただでさえ炭水化物が多い世の中ですから、老けやすい食材を食べ続けることになってしまいます。
 
 
AGEは、血管、腎臓、筋肉、コラーゲンに甚大な損傷をもたらします。そして病気とも関わりが深いと言われてます。糖尿病の患者は血管が10年速く老いるのは、AGEが高く血管壁を劣化させるからです。AGEが多い人は死亡率も高いという研究結果も出ています。
 
 

食事からAGEを減らしていこう

糖質の過剰摂取を押さえれば、ブドウ糖は余らず、タンパク質や脂質と結びつくことを防げます。糖質制限が老化には最も効果的なのです。また、AGEは高温調理で大きく増える特徴があります。煮る、焼く、揚げるの順にAGE含有量が増えていきます。火を通さない方が老化物質は少ないと言うことです。
 
 

AGEを下げる効果がある食べ物

酢やレモンは血糖値を下げてくれますが、AGEをも2倍以上下げる効果を持ちます。そう考えると、焼きサンマにレモンとか、唐揚げにレモンとかはとても理にかなっていると言うことになります。
 
コレステロール値が高いと動脈硬化を生み、心筋梗塞や脳梗塞など病状が深刻になります。悪玉コレステロールのLDLでも、糖化LDL、酸化LDLと呼ばれるものが血管壁に溜まることが上記の原因となり、時にがんを発生させます。
 
 

しわとシミとニキビは全部元を正せば糖質のせい

しわ・シミについては、AGEが原因で、根底には糖質の取り過ぎが原因してます。
AGEのせいでコラーゲンが弾力を失った肌はしわになり、AGEが累積した部分はシミとなります。
 
高血糖、火を通した食べ物、強力にAGEを増やす紫外線、たばこ
この辺が、AGEを増やす要因となります。
 
 

肌の劣化を防ぐにはどうしたらいい?

AGEの増殖は、糖質の制限と食生活の改善で回復できます。
ウナギ、鶏肉、マグロには、強い抗酸化力がある「カルノシン」という物質が多く含まれており、これを摂取することが一番。

次に、ビタミンB1とB6にはAGEを押さえる効果があると言われてます。ビタミンB1は玄米、そば、大豆、豚肉、ウナギ、レバー鶏肉などに多く含まれています。

ビタミンB6は、カツオ、マグロ、サーモン、ナッツ類、バナナ、にんにくに特に多く含まれています。
食べ物を気をつけていけば、AGEの異常摂取は防げる。そして老化もいくぶんか防げるはずです。
 
 
逆に気をつけるべき食品があります。
果物のフルーツ100%ジュースでです。フルーツの濃縮還元100%ジュースは、果糖100%です。
栄養素なんて期待できませんが、ものすごい勢いで太る飲料です。
そして、ブドウ糖より、果糖の方が10倍のスピードで糖化をし、AGEを作りやすいと言われています。
これは絶対に避けるべきものと、認識しましょう!!
 
 
 




-2.■糖質を抑えて健康・美容効果,  2-1.お肌関連,  2-2.人は糖化で老化する

Copyright© 楽して痩せたい「甘党減量生活」 , 2018 All Rights Reserved.