1. 糖質控え目のススメ 【結論】おすすめのダイエット方法

【結論】糖質制限の目線から考える、おすすめのダイエット方法とは?

更新日:


「結論から読みたい方」向けに、何をおすすめするか書きました。結果、糖質制限は長期的にリスクですが早急に痩せたいなら最も効果が高く、苦労もないです。一旦目標体重に乗せて、あとはそれから考えましょう。
 

おすすめダイエット方法

・ 早く痩せたいなら1日1食生活。強烈に効果が出る上、健康にも良い。
  ※仮に炭水化物を食べても一日のカロリーが少ないので問題も無い。

・ 食事は満腹にせず腹7分目程度まで。
  ※糖質を避けて肉や魚と豆腐や野菜菜中心で食べる。
  ※肉・魚・豆腐・野菜などはカロリーは気にしなくてOK
  ※食べる順番は野菜→肉→食べるなら最後に糖質(米)

・ パン、米、麺類、芋類、砂糖類は極力減らす

・ 一日1食でも、1食分を6回に分けて食べても問題なし。
  ※痩せ目的なら、小分けして食べた方が効果的。
  ※1日1食は健康維持と老化防止の意味合いが強い

・ 3食で食べるなら朝3:昼5:夜:2。夜の甘い物は避ける。
  ※夜は脂肪を一番溜め込みやすい。

・ 食後すぐに運動すると、脂肪がつきにくい。

・ 空腹→ドカ食いが最も太るので避ける。

・ 1日の糖質摂取量は60gまでにすると痩せやすい
  ※ライトに減量を行うなら120g程度が適量

砂糖の入ったジュースは絶対にダメ。栄養ドリンクもダメ

フルーツ類は避ける。ジュースは一番ダメ

・ 栄養不足になるので、サプリメント等で補うと良い。

上記が、このサイトのコンテンツを網羅して、現在考えうる最良のダイエットであると、提案させていただきます。
 
 

■■ 1日1食の効果が絶大。ファスティングダイエット

私も、1年前にファスティング(断食)が老化を防ぎ、健康を維持するうえで良いと本で読み、健康のためにとしばらく実践しました。
これはかなり体重が落ちます。痩せ目的ではなかったので、夜に甘いものドカ食いしてましたが、それでも減るほどでした。1~2週間程度で3~4キロは楽勝です。

しかし、栄養が偏ると口内炎ができたり肌の乾燥が気になったりと、気を使わないと 軽微ですがトラブルに陥りやすかったのが難点です。(得られるメリットと比較すると大した悩みではありません)
 
ちなみに、1日1食なら、基本的には体内のエネルギー源たるグリコーゲンが不足気味になり、甘い物を食べても脂肪はつきにくくなります。誘惑に負けて寝る前にお菓子食べても、ケーキバイキングに行っても、大して変化はありませんよ。
カロリー過剰で無いなら、脂肪は急には増えません。
 
 

すぐ痩せたいなら絶対1日1食!無理なら糖質制限から。

人間は飢餓状態に最も細胞が活性化します。この状態が老化を防ぎ健康を作ります。そして、体内に老廃物がたまりにくく毒素が少ない体になります。朝や昼に「1食だけ抜く」は、次の食事で空腹感から多く食べてしまうリスクが高い。また、飢餓状態からの食事で脂肪をため込みやすい。やるなら2食抜くべきです。

ちなみに、中性脂肪があるうちは筋肉を崩してしまうことは有りませんから安心してください。ゆっくり痩せるでいいなら、糖質さえ避ければ別に3食欠かさず食べてもゆるやかですが痩せていきます。また、少なめの量で小分けに複数回に分けて食べると痩せやすいです。

置き換えダイエットも有効です。しかし、基本は糖質なので、1日3食を食べるなら、最もカロリーの高い夕食を置き換えるべきです。置き換えて我慢できる方はそれが一番。

 
 

腹7分目まで食べてもOK

脂肪に変わるのは糖質だけ。タンパク質も脂質も脂肪にはなりません。野菜じゃなくても平気です。ステーキや魚をお腹いっぱい食べても良いでしょう。だってそれ、脂肪増えないし。

結局はご飯、パン、麺類、芋、食後のスィーツ、ジュースが脂肪に変わってるだけです。ならば、徹底的にそれを避けて、他の物を満足いくまで食べましょう。

ただし、お腹いっぱい食べても太りはしませんが、痩せもしません。痩せるならカロリーを減らします。1食なら気にしなくても良いですが、3食を食べるなら7分目をキープしつつカロリーにも気を遣わないと、脂肪の燃焼ができません。
 
 

運動はやらないよりはやった方がいい

運動しておけば、免疫も高くなり病気にかかりにくく、長期的に見ると代謝も僅かには上がるでしょう。しかし運動では痩せませんので、痩せることが目的なら運動は不要です。むしろスポーツドリンク飲んだり、運動後にスイーツを欲しくなるならダイエット中の運動はしない方が良いです。
食後すぐの軽い運動も効果的。脂肪が付きにくくなります。
 
 

砂糖の飲料は一番危険度が高い

砂糖入りのコーヒー(微糖含む)、清涼飲料水は胃を通り越して即座に小腸で吸収されて脂肪に変わり格納されます。角砂糖5~6個分の脂肪を蓄積するので飲まない。砂糖飲料は覚せい剤入りの毒だと思うぐらいで丁度良いです。
一日3本とかジュースやコーヒー飲んでる方は、それをやめるだけでそこそこのダイエットになるのではないでしょうか。

フルーツの「果糖」は更に脂肪に変わる率が高く、絞ってジュースにした場合は超速で脂肪に変わる恐怖の食材です。
野菜汁100%を謳っている野菜ジュースですら、そこそこ糖分が入ってます。
 
 

1日の糖質は60gが理想

やせるなら、1日60gが理想で、現在の体重を維持するなら120gが目安です。夜の糖質摂取は消費されること無く、全て溜め込まれます。極力夜は菓子など甘いものの摂取を避けましょう。やめられれば苦労しませんが…。
 
 

栄養不足になります

1日1食にしたとして、それを肉だけにしたとして。ダイエットとしては成功します。好きに食べてるのでリバウンドもないでしょう。目標としている体重に乗ったなら、糖質さえ避ければ3食食べる生活に戻しても全くリバウンドはありません。

しかし、ダイエット中は、ミネラル分や栄養素の不足から肌荒れなどを引き起こしかねません。補助で栄養などを脂質を少なく採れるもので補う必要があります。ダイエットの補助をするサプリメントも近年は高い性能を持つものが登場しています。
 
●記事:食欲を抑えて糖分を分解するアフリカンマンゴー ダイエット「フルベリ」
●記事:まさに本気のダイエット錠剤 7DAY DIET(セブンデイダイエット) 希少成分フーディア高配合
 
継続して飲むことでダイエット完了後のリバウンドも軽減できます。
 

-1. 糖質控え目のススメ, 【結論】おすすめのダイエット方法

Copyright© 甘党健康生活 , 2018 All Rights Reserved.