卵食べすぎると動脈硬化?コレステロール摂取は危険なのか?そして糖質制限することの影響は?

更新日:


 
 

コレステロール値はあまり気にしなくて良い話なの?

コレステロールが高いと言われている食品は、昔から卵が有名ですね。他にもエビやイカ、貝類なども多く摂取しすぎるとコレステロール値が上昇すると言われてきました。個人的に、昔は1日に卵を2個食べてもいいものか不安だし、3個だとなんか心臓に悪そう…というイメージでした。

過去に何度か触れていますが、かつてはこれらを食べるとコレステロールが多くなり、病気や肥満の原因と言われていましたが、現在は厚生労働省の摂取量の上限を撤廃するという発表も含め、研究の結果、食べ物からのコレステロールは血中の値に影響が無いとされています。

コレステロールとは

人体内で合成できる「脂質」のことを指します。
例)体重50kg 男性 :1日600~650mgが合成
主に肝臓で作られています。
コレステロールは、細胞膜の材料の一部になっています。体内細胞は常に古い細胞が新しい細胞と入れ替わり正常に保たれているため、とても重要な働きをします。
また、がん細胞の発生は1日に3000個以上と言われていますが、がん細胞に対抗する免疫細胞の膜の生成にも欠かせません。
他には、男性ホルモンや女性ホルモン、代謝に大きな影響をもつ副腎皮質ホルモンなどの材料となり、ビタミンDの材料としても必要、消化液などの材料にもなっています。

 

コレステロールは食べ過ぎるとどうなるの?

食事から摂取する1日あたりのコレステロールは、3~40代の男性で約297mg、女性で約263mgと言われ、体内には4~6割が吸収されます。

この吸収されたコレステロールは人体で作られる2~3割程度の量です。
食事からはこの、ごくわずかな量しか吸収されず、残りは体内で生成されています。

食事から2割入ってくれば、8割を体内で作り
食事から4割入ってくれば、6割に減らすだけです。

つまり、体内のコレステロール値は一定に保たれるため、いつもより多めに食べてもコレステロール値が大きく変動することがないということです。
もちろん、限度はありますが…。
 
脂質であるコレステロールは血液の中をすいすいとは移動できませんので、中性脂肪と一緒にたんぱく質に包まれて(結合して)血中を流れます。
体内へ中性脂肪やコレステロールを届け、中性脂肪が使われてコレステロールが多く残ったものをLDLと呼びます。
体内から余ったコレステロールを回収する機能もあり、この回収中の物質をHDLと呼びます。回収後は肝臓でリサイクルされていきます。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)
コレステロールを体内にくまなく届ける途中のコレステロール
活性酸素と結びつき酸化してしまうと血管に蓄積されます。これが動脈硬化を進行させる原因となるため、悪玉と言われています。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)
コレステロールを体内から回収して肝臓に戻すコレステロール
血管の余ったコレステロールを回収してくれるので善玉と言われています。

 

血中のコレステロールは食べ過ぎても絶対安心なのか?

米国心臓協会によれば「コレステロール摂取量を減らした場合、血中コレステロール値が低下する」という明確な証拠がないため、まだ科学的根拠としては検証中という立場を取っています。
日本の厚生労働省も「コレステロール摂取の上限値を科学的根拠に基づいて確実な算定ができなかった」としていますので、食べまくっても安心とはまだ言えません。

コレステロールの脅威は、一旦は食べ過ぎても大丈夫とされていますが、もしなんらかの原因でコレステロール値が異常になってしまった場合「脂質異常症」という病気にになります。主に悪玉のコレステロールの「酸化」によって引き起こされます。この病気は症状がほとんど出ませんので気付けば動脈硬化や脳卒中ということになりかねません。

血中LDLコレステロール(悪玉)や中性脂肪が多くなりすぎても、HDLコレステロール(善玉)が少なすぎても脂質異常症と診断されますから、結局は摂り過ぎに注意しながら生きていくしか無いのかもしれません。

ただ、前述の通りの理由から、さほど過敏になる必要はないですよって事です。
 
 

活性酸素を原因とする悪玉コレステロールの「酸化」を防ぐには

もともと抗ウイルスの効果を体内にもたらす活性酸素という物質は、喫煙・飲酒・劣化(酸化)した食用油で生産過剰になります。紫外線を浴びたり、激しい運動でも活性酸素は増えると言われてますから厄介です。

抗酸化物質を多く含む食品が効果的
ビタミンC
ビタミンE
β-カロテン
リコピン
アントシアニン
ポリフェノール

緑黄色野菜やトマトに多く含まれるこれらの物質が効果的です。
中鎖脂肪酸が燃焼した際に発生する「ケトン体」も活性酸素を無害化することが解っています。

ケトン体と言えば、糖質制限との関連性も深い物質で、糖のエネルギーが不足する糖質制限をすると脂肪を燃焼して自然と生み出されてきます。つまるところ、糖質制限がこの動脈硬化や脳卒中に効果があると言われる所以はここにあるのでしょう。

あとはHDLコレステロールを増やすこと。運動量…特に歩数が少ないとHDLコレステロールは減ってしまう傾向があります。健康のためには結局は歩くことや有酸素運動をするのが一番効果的なのかもしれません。
 
 

善玉コレステロールを増やすには

食品から増やす場合は、背中の青い魚に含まれるDHAやEPAは善玉HDLコレステロールを増やします。その他、ネギやタマネギ、大豆なども良いと言われてます。

最近、注目されているのが、オリーブオイルやアーモンド、マカダミアナッツなどに含まれている「オレイン酸」です。これは善玉コレステロールを減らさず、悪玉コレステロールだけを下げてくれる効果があります。

更にアーモンドに100g中31mgも含まれるというα-トコフェロールは、非常に強い抗酸化作用を持っています。

乳酸菌とカテキンの両方を摂ると悪玉コレステロールが減るという研究結果もあります。

コレステロールの食べ過ぎは危険が無いわけではありませんが、暴飲暴食しないように食生活を正し、運動不足を解消していれば、それほど脅威では無いと言うことです。
いかがでしょうか。
これで明日からは卵2個の目玉焼き、食べれるようになりそうですか?(笑
 
 
ダイエットするならコレステロール値よりも食べ物を見直すべきということです。
食事制限の補助として使うなら、「本気の7日間」で勝負を決めるという
話題の希少ダイエットサポート成分「フーディア」配合の【7 DAY DIET】を併用して
より健康的に減量していくのがベストです。




-6. ■健康関連(糖質以外),  6-1.コレステロールの善悪

Copyright© 楽して痩せたい「甘党減量生活」 , 2018 All Rights Reserved.