1-3.ダイエット目線からの糖質 【結論】おすすめのダイエット方法

そもそもカロリーってなんだ?以外と知らないダイエット基本中の基本

投稿日:


 
 

カロリーとは一体何の基準でしょうか

カロリーカロリー言うけど、カロリーって何だ?と思って調べてみました。まぁ、ネタ元はいつものWikipedia様ですが。

カロリー(仏: calorie、記号:cal)は、熱量の単位である。「カロリー」という言葉は、ラテン語で「熱」を意味する calor に由来する。
かつては広く用いられていたが、1948年の国際度量衡総会(CGPM)で、カロリーはできるだけ使用せず、もし使用する場合にはジュール(J)の値を併記することと決議された。よって国際単位系(SI)においては、カロリーは併用単位にもなっていない。
カロリーは、日本の計量法では1999年10月以降、「食物又は代謝の熱量の計量」のみに使用できる。計量単位令による定義は、1カロリー = 4.184 J(正確に)であり、熱力学カロリーを採用したものである。
Wikipedia 「カロリー」より

これじゃぁ全然意味わからないので、更に調べてみました。
 
 

もうちょっと簡単に… カロリーとは!?

「カロリー」とはエネルギーの単位です。 1ℓの水の温度を1℃上げるために必要なエネルギーが1kcalです。
  ※1ml(1cc:小さじ1/5杯分)の水の温度を1℃上げるのは1cal
 
電化製品が動くためには電気エネルギーを必要としますが、人間も生きていくためのエネルギーが必要です。
人間のエネルギーはもちろん「食糧」ですよね。
 
 

1Kgの脂肪を減らすためのカロリー

100kcalのエネルギーの食糧を食べても、運動などで100kcalのエネルギーを消費すれば食べた分のエネルギーは消費されます。体内には残りません。が、この時に、食べたエネルギーを消費しきれずに残ってしまった場合は「脂肪」に変えられて体に貯蔵されていきます。
 
脂肪1gは約9kcalです。しかし、1kgの脂肪を消費するのに必ずしも9000kcalのカロリーが必要という訳ではありません。
 
体内にある脂肪は「脂肪細胞」という形で蓄えられており、純粋な脂肪だけというわけではありません。
脂肪細胞の約80%は脂質で、残り20%は水分と細胞を形成する物質です。

脂肪1kgを消費するのに必要なエネルギー(カロリー)
9kcal×1000g×80%=約7200kcal
1カ月で1kgの脂肪を減らすために消費すべきエネルギー
7200÷30=240kcal
1日あたり240kcal

毎日240kcal分のエネルギーを多く消費…もしくは摂取を抑えれば、1カ月で1kgの脂肪を減らすことができます。

240kcalの摂取を抑えるには、「どら焼き1個」や「発泡酒ロング缶(500ml)」「生ビール中ジョッキ1.2杯」
240Kcalを消費できる運動は「ウオーキング約50分」「ジョギング約27分」が目安になります。
 
 

脂肪を1kgを減らせたら、見た目はどれくらい変わる?

エネルギーを7,200kcal消費すれば減らせる脂肪が1kgです。
たった1Kgなんて数字的には変化が無いように感じますが、見た目は大きく変化します。
 
1Kg減れば、ウエストは1cm減る程度の変化が起きます。
脂肪は密度が低く重さの割には体積が大きいため、500mlのペットボトル2本分程度の体積になります。
脂肪を1kg減らした場合、それほどの体積が体内から削り落とされますのから、見た目にはスリムに引き締まって見えるのです。1Kgの減量…なかなかに魅力的ですよね。
摂取と消費のバランスをとって、健康的な生活習慣をいきたいものです。
 
 

-1-3.ダイエット目線からの糖質, 【結論】おすすめのダイエット方法

Copyright© 甘党健康生活 , 2018 All Rights Reserved.