あなた臭うわよ?とか教えてもらえないのが一番怖い。ダイエットが原因と言われる「ケトン臭」について

更新日:


 
 

■■ ダイエット特有のケトン臭とは?

ダイエット中は食事制限で糖質を減らしたり、カロリー制限で食べる物を減らしたり。その際に、糖が使い切られ代謝できなくなると、代わりに脂肪がエネルギー源として使われるようになります。
 
これで脂肪が減り、痩せていくわけですが…この過程で、体内でアセトン(ケトン体)という物質が生成されて糖の代わりに使われていきます。
これが甘酸っぱい臭いで、一般的には「ケトン臭」と呼ばれます。この臭いの物質が血液に乗って全身を巡るため、汗や尿だけでなく吐く息も、体臭が甘酸っぱくなると言われてます。
 
これは、「ダイエットを頑張ってるね」ってサインではなく、このダイエットはあまり体に良くないですよというサインになります。少し、ケトン臭が該当する方は見直す必要もあります。
 
 
私は他人の臭いには敏感な方ですが、酸っぱい臭いの人ってあまり見たことないです。極端な方だけなのでしょう。
 
しかし、脂肪を燃焼して痩せていくと言うことは、糖質制限においては多少のアセトン(ケトン体)の発生は避けられそうもないですね。ダイエットしている方に特有と言われるケトン臭は「ダイエット臭」などと呼ばれることもあるそうです。
 
人は…大体そうだと思いますが、自分の臭いには鈍感だから、結構怖いですが、過激なダイエットでもしない限りはそこまで強い臭いにはならないようです。
 
 

■■ ダイエット中の臭いの仕組みは

過度なダイエットをすると血行が悪くなり、体内への酸素供給が不足してきます。
 
この時、解糖系にてエネルギーを作り出す際に「乳酸」が発生し、汗にアンモニアが混ざり体臭が強まります。これは、血行が悪いことで、代謝の能力が落ちていることが原因します。
 
また、炭水化物の摂取が少ないことで糖が不足すると、ストックしていた中性脂肪を「脂肪酸」に分解して燃焼されます。過度なダイエット中には不完全燃焼が起こりやすく、血中に脂肪酸が増えてしまいます。
 
これが汗や皮脂に混ざって表皮で油っぽい脂質系の臭いになることもあります。
 
ダイエット中の臭いは、酸っぱいケトン臭だけで無く色々な臭いがあるようです。
 
 

■■ ケトン臭への対策はあるのか?

ケトン臭の発生原因は以下が主な原因

体に合わない極端な糖質制限
運動不足・代謝不足

運動は痩せないという記事を何個も書いてきているのですが、確かに代謝は運動しても少ししか上がらないし、運動してもカロリーなんて僅かしか減りません。

ダイエット時の運動は痩せる効果有り?いいえ、たぶん直接的には効果ありません。痩せるなら食生活改善です!

知人がダイエットを始めました。まずはジムに行って運動するそうです。食事を減らすべきと提案したのですが、食べるのは制限したくないというのです。一般の方がダイエットしようと思い立ったら、だいたい始めるのが ...

続きを見る


 
でも、なにごともバランスが必要なようです。やっぱり運動はしなきゃダメなのかも。
 
また、食べ物も改善の余地があります。
野菜や果物など、アルカリ性の食品を多く食べることで、体内が酸性に傾きがちなケトン体での稼働を和らげることができます。
これにより、脂肪の不完全燃焼が発生しにくく、脂肪酸が多く血流に流れることも軽減できます。
 
色々犠牲にするストイックなダイエットで素早く理想の体にするか
色々ふたをしながら、トラブルの少ないダイエットで徐々に綺麗になるか
悩ましいですね。 どっちも大事なのでケースバイケースですが。
 
 

■■ ダイエットには関係ないけど体臭の仕組み

人間の体は、体温調節の一環として、汗が汗腺を通じて汗が分泌されます。汗の分泌される汗腺には下記の2種類あります。

エクリン腺:全身にあり、体温調整時にほとんどが水分を占める汗を分泌。

アポクリン腺:脇に集中。たんぱく質や脂質などを含んだべたつきのある汗を分泌

汗はどちらから出ても、臭いはありません。アポクリン腺から分泌される、たんぱく質や脂質を含んだ水分でも無臭です。

しかし、生物の皮膚には雑菌が多く生息しており、この雑菌たちがたんぱく質や脂質を分解する際に臭いが発生します。
 
肉や動物性脂肪には「たんぱく質」「脂質」が多く含まれるため、食事の偏りによっては汗腺から出る汗に含まれる濃度が変わります。臭いを気にするならまずはここを減らさなくてはなりません。
しかし、糖質を避けてたんぱく質系を多く食べる糖質制限ダイエットとは相反するのが難点です。
 
辛いものを食べると臭いが強くなると言われますが、これは単に汗をかきながら食べるため、上記の問題が起こりやすくなるという所以です。もともと臭いやすい食生活の方が、辛いものを食べてより多くの汗をかき臭ってしまうのです。
 
 

■■ ダイエットには関係ないけど体臭の予防方法

汗の臭いを抑えるには、食事を改善しましょう。

●抗酸化作用のある食品を多く食べる。
ポリフェノール
カテキン
ビタミンC
ビタミンE
●アルカリ性の食品を意識して食べる
梅干しや海藻類などのアルカリ性食品を食べることで、乳酸を抑えて臭いの元を減らす効果があります。

あとは、たんぱく質を抑えられる範囲で抑えましょう。
糖質制限中でも、野菜を多めにすれば解決できる問題です。
 
痩せて綺麗になるのも大事ですが、臭いも気にしつつダイエットをしていきましょう。
過激な食事制限や、偏った食事での制限など、無理なダイエットは体内の水分量を減らして痩せたように見えるだけです。実際は短期間ではあまり変わりませんし、リバウンドも起こりやすくなります。
 
一番は、適度な運動、糖質を控えて、栄養バランス良い食事と過食の防止はもちろんですが
一日に食べるカロリーをしっかり管理して、少しずつ脂肪を減らしていくのが理想です。
 
 





-1.■糖質控えめで痩せる,  1-3.消化吸収目線からの糖質

Copyright© 楽して痩せたい「甘党減量生活」 , 2018 All Rights Reserved.