5. 健康関連 その他

【悲報】コラーゲン・ヒアルロン酸を食べ物から摂るのは効果が無いようです。

更新日:


 
 

■■ 意外と知らない:コラーゲンとはどんな成分?

コラーゲンはタンパク質の一種で、弾力性があって皮膚などを構成するのに欠かせない… 細胞と細胞を結ぶなどの働きがあります。

体内のタンパク質の3割はコラーゲンです。
もちろん、身体には欠かせない成分ですが年齢と共に減っていきます。肌のハリや関節などで不調が出てくるのはこのためです。食品から摂ろうとしたり、サプリメントを使ったりする方も多いのでないでしょうか。

弾力性に富んだその性質から、コラーゲンは水にも溶けづらく、消化にも時間がかかることが多いです。そのため、消化に適した形に加工した物が「ゼラチン」です。
 
サプリメントなどによく使われるのは更に水に溶けやすく固形化しにくいように加工した「コラーゲンペプチド」ですね。これを摂取すれば体内のコラーゲンが補給できるという触れ込みで売られています。
 
 

■■ コラーゲンはどれぐらい食べれば美肌の効果が出るのか

コラーゲン鍋や豚足・角煮など、コラーゲンが豊富と謳われている食品はたくさんあります。そうなんです!これらにはコラーゲンが豊富に含まれているんです。
また、サプリメントなども充実しており、さまざまなコラーゲンサプリが売られています。

 
しかし、残念ながらコラーゲンは口から食べても、全く効果はありません

食べたコラーゲンは全てアミノ酸に分解されて吸収されます。

脂肪と同じで、食べたらそのままの形で体内に置かれることはないのです。別物の物質になるため、体内コラーゲン量は全く増えません。
 
通常、コラーゲンはアミノ酸が連なってできた構造です。口から摂取すると消化酵素によってバラバラにされ、たんぱく質へと分解されて吸収されます。
分解された「低分子コラーゲン」とも言えるたんぱく質は、コラーゲンとしての性質を失っており一部材料になることはあっても、再びコラーゲンに変わる事はありません。
 
コラーゲンの摂取で「肌の潤い」「きめ細かさ」「しわ」の状態が良くなることは無いという結論になります。
 
 

■■ コラーゲンを食べて効果が無いなら塗れば良いのでしょうか?

化粧品で、コラーゲン配合はよく見かけます。コラーゲンは皮膚に浸透し必要とする部位に届くことはありません。そもそも…なんでもかんでも皮膚にしみこんできたら、人間の体は水分に弱い貧弱な体になってしまいますよね。皮膚は外部の物質が簡単には入ってこないように、丈夫に作られています。

コラーゲンはたんぱく質の中でも大きい構造をしているため、この皮膚の壁は通過できません。もちろん、低分子化してしまうとそれはもうコラーゲンではないので、同じくコラーゲン補給としての意味はありません。
しかし、化粧品の「保湿効果」として使われている場合は、肌の表皮で水の分子を含んでとどまってくれる性質があるので、しっかり効果はあります。
 

OK:コラーゲンで保湿効果
NG:コラーゲンが肌にしみこむ・補給する

 
 

■■ 体内のコラーゲン量を増やすには

コラーゲンは体内で栄養素を集められて合成され生成します。ということは、コラーゲンの材料となる成分をバランス良く食べるしか、コラーゲンを増やすすべは無いのです。
 
人間の体は、コラーゲン減ったらコラーゲン食べるという、安易な構造ではないと言うことです。
 
牛乳やチーズ、魚介類やレバー、小麦や大豆に含まれる「リジン」
動物の皮に含まれることが多い「プロリン」
野菜や果物に含まれる「ビタミンC」
これらの合成でコラーゲンが生成されると言われてます。食べたコラーゲンがアミノ酸に分解されて、そのアミノ酸が再合成されてコラーゲンに変化するということはありません。
芸能人やお金持ちの肌が綺麗なのは、高級化粧品の賜物ではなくて…きっとバランス良い良質な食事ゆえなのでしょう。
 
確かにコラーゲンが含まれるような食べ物は狙って摂るべきですが、それだけでは効果が無いため、たんぱく質やビタミンCと一緒に食べるしかないのです。

そして、喫煙はビタミンCを減らしてしまうので、喫煙者はビタミンCが減らないよう多めに摂取する必要がありますが、ビタミンCは大量摂取しても一部吸収して全て流れ出てしまうので、こまめに摂る必要があります。コラーゲンを破壊して老化を招く紫外線にも要注意です。
 
 

■■ 似たようなものではヒアルロン酸・グルコサミン

ヒアルロン酸は一時期ブームになり、飲むヒアルロン酸、化粧品にはヒアルロン配合、色々な商品が出ています。グルコサミンは関節痛の緩和などのサプリメントでよく聞く名前です。
 
ヒアルロン酸は口から摂取しても同じように分解されて別の成分へと変えられて吸収されます。
グルコサミンは医療機関での注射などでの体内への注入は有効ですが、口から摂取した場合は血中に取り込まれますが、血管が少ない関節の軟骨部分へ流れ込んで補給される可能性は極めて低いと言われてます。

関節痛でお悩みの方は、整形外科などでご相談なさった方が賢明です。
 
 

■■ サプリメントは意味が無いのか?

条件が揃えば、コラーゲンは合成されます。ならばその条件を揃いやすくすれば良い。リジン・プロリン・ビタミンCの原料となるような成分を配合して体内での合成条件が整いやすくなるサプリメントならば効果はあると考えられます。
 
それこそがサプリの本質ですから、その謳い文句のコラーゲンサプリならば、信用できる物かと思います。
 
もちろん、ドリンクタイプは毎度書いているとおり、糖質が多すぎて他の部分が不調になるなど、色んな意味で危険です。
砂糖入りのコーヒーも、コカコーラも含めて、避けるべきでしょう。

それでも自動販売機の誘惑に勝てますか?脂肪増大・糖質依存…静かに蝕んでくる清涼飲料水や甘い缶コーヒーの恐怖をご存知ですか?

コーラやアクエリアス、CCレモンにオランジーナ。清涼飲料水は美味しくて大好きです。とくに疲れたときには最高! あと缶コーヒーも、ちょっと飲むとほっと一息、元気になりますよね。     動販売機で売られ ...

続きを見る





-5. 健康関連 その他

Copyright© 甘党健康生活 , 2018 All Rights Reserved.