1-4.血糖値:健康に生きるために 1. 糖質控え目のススメ

隠れ低血糖:血糖値スパイクは死への階段(かもしれない)

更新日:


これこれ。だいたい不調の多くはこれかもしれません。
現代日本には年代関係なく、10代〜の若い方もこれで苦しむ人が多いと思います。というか、若者の不調はほとんどこれでしょう。

しかし、大半の人がこの原因に気付いていません。

糖質制限ダイエットは、このトラブルを完全に予防、回避します。どんなダイエットにもデメリットはつきもの。

しかし、糖質制限でこれを避けられメリットは相当大きいです。
 
 

■■ 恐怖のグルコーススパイク

この血糖値(グルコース)スパイクという言葉は最近だんだんと有名になってきましたが、まさに隠れ低血糖の症状です。
この急な変動が動脈硬化や突然死を引き起こすと言う恐ろしい症状です。

一度にたくさんの炭水化物を食べる
食後に 血糖値が140mg/dl以上に急上昇
 ↓
その後、インスリンが大量分泌
急激に血糖値が下降する
 ↓
血糖値が下がりすぎて低血糖
脳が血糖不足でめまいや眠気、吐き気頭痛などを発症

甘いものを食べたら眠くなるのは、この所以です。
眠気が我慢できないレベルの方は、結構重度です。血糖値が下がりすぎているのでしょう。

低血糖の症状
頭痛や疲労
倦怠感
罪悪感
不安感
仕事煮与える悪影響への恐怖

あまりに下がると、昏睡状態などもありますが、さすがにそこまでいくのは一部の方かと…。
 
 

■■ なぜ血糖値の急上昇・急下降が死を招くのか

血糖値の急上昇、急下降は眠くなるだけではありません。体を徐々に動脈硬化や脳梗塞などが起こりやすい突然死体質へ進めていきます。

血糖が急激に上がったり下がったりすると、大量の「活性酸素」が発生します。これが動脈の血管を傷つけて炎症を起こします。
 
体を炎症などの異変から守るため、周囲から免疫細胞が集まって炎症を抑えます。

この時、免疫細胞や壊れた細胞が血管の内側に集まる(積み重なる)ことで動脈が狭くなります。
 
これで動脈硬化を引き起こすと言われています。

グルコーススパイクが食事のたびに発生すると、この症状はどんどん進行していきます。やがて気づかぬ間に突然死へと結びついてしまうのです。
 
また、血糖値が上昇するとインスリンが分泌されますが、血中にインスリンが多い状態は、脳内に脳神経細胞の老廃物が多く蓄積します。

これがアルツハイマー型認知症を引き起こす原因とも言われています。
 
 

■■ 一番怖いのは気付かないことだ

グルコーススパイクや隠れ低血糖は、その名の通りというか、健康診断では見つかりません。

健康診断は前日の21時以降の食事を制限しているので、採血したときは最も低い状態の血糖値しか解らないのです。

5時間糖負荷検査でもなかなかわかりません。自覚症状を感じるなどで、医師へ相談の上で24時間持続血糖検査を受けてみないと解らないところが本当に怖いです。
 
■ 睡眠時に血糖値が大きく下がる。
睡眠中に血糖値が下がると、交感神経が緊張して体がこわばってしまいよく眠れない。疲れが抜けません。
 
■ 血糖値が上がったり下がったり
糖質ばかり食べると血糖値を上げてインスリンが下げて、すぐに血糖値を上げるホルモンが出て…交感神経が緊張し続ける。
 
朝起きてもだるいのは、前日の夜の睡眠の質が悪いせいです。体がこわばってよく眠れなかったはず。

これは低血糖の症状を持つ方に非常に多いです。歯のくいしばりなど、緊張していると力が入り、眠っても眠っていないのと同じレベルです。

夜中に低血糖を起こすと、ほとんどの人は眠りが悪かったと感じます。

【結論】血糖調節障害のある人は寝ている間にも血糖値が激しく乱降下すると翌日の体調に深刻な影響を及ぼします。
 
 

■■ 食後の眠気などの諸症状の解決策

すみません、解決方法が毎度毎度すぎて、もはや対策もくそもありませんが…。
うちの記事、全部「解決策」こればっかりだもん…。

対策はもちろん、低糖質食に切り替えることです。
実践してみると、明らかに効果は違います。が、絶対に食後に眠くならないかというとそうでもなく、朝の会議はどうしても眠いですし、朝昼&糖質全部抜いても14時と16時頃にはなぜか原因不明の眠気が襲ってきます。

これはやっぱり、やる気の問題でしょうか…
眠気が襲ってきたらカカオ70%のチョコを少しだけつまむのがおすすめです。
でも、やっぱり朝昼抜きは疲れがたまりにくく、朝が楽に起きれて、日中に集中力が上がるというのは確実に体感できます。1~2時間、空腹に耐えるという苦行はありますが…時間が経てばすぐに気にならなくなります。

一般的には
・糖質を避けて栄養が偏らないバランス良い食事をとる
・糖質を食べるときはたんぱく質や食物繊維と一緒に摂る。
・もちろん食べる順番は食物繊維の豊富な野菜から。
・肉から食べるももちろんOKです。

糖質は食物繊維と一緒に食べると、食物繊維に包まれて?という表現で良いのかな…腸での吸収がゆるやかになります。逆に砂糖ジュースとかは一気に吸収されて血糖値が急上昇します。
 
 
 




-1-4.血糖値:健康に生きるために, 1. 糖質控え目のススメ

Copyright© 甘党健康生活 , 2018 All Rights Reserved.